刑事事件弁護士ナビ】の刑事事件コラムにおいて、薬物で逮捕されたらすべきこと|逮捕後の流れと罰則・裁判例という記事を監修しました。

~~以下引用~~

家族が薬物で逮捕された場合、気が動転してしまうかもしれませんが、まずは弁護士を呼ぶべきです。薬物で逮捕された場合、あらゆる不利益に直面することになります。

所持などしていた薬物によって罰則は異なりますが、多くは懲役刑であり、重い処分が考えられます。

刑事処分はもちろん、勾留などの身柄拘束も長期に及びます。また、逮捕された状況で違法な証拠収集がないともいえません。

仮に、無罪を主張すべき事案であっても、逮捕されてから間もない時期に、捜査官に言われるがまま自白してしまうケースが散見されます。

この場合、裁判になったときに、逮捕当初に自白した事実を重く見られ(裁判で自白の任意性や信用性を排斥できず)、その結果、自白した調書が証拠として採用され、有罪判決となってしまう事案もあります。

いずれにしても、ただちに弁護士を呼ぶことをおすすめします。この記事では、以下の5点を解説します。

1薬物で逮捕された場合にすべきこと
2薬物で逮捕された場合の逮捕後の流れ
3薬物の罰則
4薬物で逮捕されるケースと裁判事例
5薬物の再犯を防ぐためにできること

~~引用終わり~~

続きは、横のリンクから是非ご覧ください。監修記事は、こちらです。

 

グリーンリーフ法律事務所は、さいたま市大宮駅徒歩3分、夜間休日も対応可能です。
お困りごとがございましたら、まずはお電話ください。

 


【ライン(LINE)からのご相談・ご予約が可能です】

ラインの場合、営業時間外でも対応できる場合がありますので、是非、以下のボタンから、「友達追加」をしていただければ幸いです。

●ID検索の場合は、ラインで以下のIDを検索して、友達追加をしてください
LINE ID:【@672upzxa】

 

【お電話の場合】