事案の概要

依頼者(男性・40代)は、お酒を飲んで運転してしまい、人身事故を起こしてしまいました。
幸い、被害者の怪我は軽いものでしたが、飲酒量が多く、逮捕となりました。
逮捕後は勾留されずにすんだので、被害者には、謝罪と賠償をしました。

本事例の結末・結果

・懲役9か月、執行猶予3年
(+行政処分:免許取り消し)

前科はなかったこと、被害者に賠償をしたこと等が考慮されて、無事に執行猶予を獲得することができました。

本事例から学ぶこと

事故を起こして被害者がいる場合は、賠償をすることで執行猶予の可能性が高くなります。

埼玉で、刑事事件が得意な弁護士をお探しなら、弁護士法人グリーンリーフ法律事務所へご相談ください。
刑事集中チームが、迅速、親身にご対応致します。

刑事弁護はスピードが命です!まずは下記までお電話ください!!
刑事事件無料相談