①スーパーでの盗撮で逮捕されたが不起訴となった事例

②40代の男性(初犯)が、スーパーにおいて、女性のスカート内をスマートフォンで盗撮した。男性は現行犯逮捕され、ご家族から相談があった。
 男性は会社員であったので、このまま逮捕に続いて勾留が続くと会社をクビになってしまう可能性があった。

③奥様に身元引受人になっていただき、勾留の必要性がない事を書いた書面を裁判官に提出した。それにより、勾留の請求は却下され、逮捕から2日以内に、男性は釈放された。
 その後、弁護人を通じて被害者と連絡をとることができたので、示談金を用意し、被害者との間で示談交渉を行うことにした。慎重な交渉の結果、20万円であれば示談してもらえることになったので、示談金を渡して、宥恕の意思(許すこと)が書かれた示談書を作成することができた。また、嘆願書(=被害者が積極的に被疑者の不起訴を求める書面)の作成もお願いし、承諾してもらうことができた。

④示談ができた結果、男性が初犯という事もあり、今回は不起訴処分となった。また、会社からも特に処分などはされなかった。

刑事弁護はスピードが命です!まずは下記までお電話ください!!
刑事事件無料相談