【刑事事件弁護士ナビ】の刑事事件コラムにおいて、「医師が逮捕!|その後や免許はどうなる?対処法や逮捕後の流れも解説」という記事を監修しました。

医師が有罪判決を受けた場合、刑事罰だけでなく行政処分が下され、その後の医師免許再取得も非常に難しくなります。したがって、不起訴処分を獲得することが重要です。
弁護士に相談することで、以下のような弁護活動を行ってくれます。
・取調べに関する助言・今後の流れの説明
・警察に対して、公表を回避するよう意見書の提出
・早期身柄解放のための弁護活動
・被害者との示談交渉
・不起訴処分・執行猶予の獲得・実刑の回避

医師の行政処分を行っているのは、厚生労働省の医道審議会です。逮捕された場合、医師法などに基づき、処分が下されます。
医師の場合、罰金刑以上の判決を受ければ、医業停止や免許の取消しといった厳しい処分が下されることになります。

続きは、横のリンクから是非ご覧ください。監修記事は、こちらです。

 

グリーンリーフ法律事務所は、さいたま市大宮駅徒歩3分、夜間休日も対応可能です。
お困りごとがございましたら、まずはお電話ください。


【ライン(LINE)からのご相談・ご予約が可能です】

ラインの場合、営業時間外でも対応できる場合がありますので、是非、以下のボタンから、「友達追加」をしていただければ幸いです。

友だち追加

●ID検索の場合は、ラインで以下のIDを検索して、友達追加をしてください
LINE ID:【@ggu7197l】(最後の文字は、小文字のエルです)

 

【お電話の場合】