事案の概要

JR北浦和駅東口エスカレーターにおいて発生した埼玉県迷惑行為防止条例違反(盗撮)被疑事件です。在宅の被疑事件でした。
ご本人がご相談に来られて、事件を受任しました。

経過

検察官を通じて、被害者側に連絡を取りました。被害者が未成年者であったことから、保護者の方とお話をさせていただきました。
その結果、
①事件を認め、そのことについて深く謝罪する、
②示談金として金50万円を支払うこと、
③被害者は事件を許すこと、
④今後故意に被害者に近づかないこと、
⑤互いに事件の内容を口外しないこと
等を内容とする示談を取り交わしました。

本事例の結末・結果

その後、同示談書を検察庁に提出し、不起訴処分となりました。
被害者が未成年者であったことから、保護者の方々を含めて、丁寧な対応を心掛けました。その結果として、不起訴処分にまで至ることが出来た事案でした。